不登校新聞

403号 2015/2/1

現場が凍りついた荒木飛呂彦先生への一言

2015年01月29日 17:48 by koguma


 俳優、漫画家、映画監督など、各ジャンルで活躍されている方々に「不登校」について聞くというのは、本紙ならではの取り組みだと思います。私がこれまで取材させていただいたなかにも、いわゆる"ビッグネーム”と呼ばれる方は多くいらっしゃいます。漫画家・荒木飛呂彦さんもその一人。代表作『ジョジョの奇妙な冒険』は1986年から現在まで続く長期連載で、コミックスは累計9000万部も売れている大人気の漫画家です。
 
 本紙の「子ども若者編集部」の企画なので、数名の子どもと私でうかがうことになったわけですが、大御所のインタビューということもあって、子どもたちはみな緊張しています。私は「大丈夫、落ち着いていこう」と声をかけます。「さすが大人!」と言いたいところですが、じつは私自身も緊張でガチガチです。緊張ってうつるんです。ただし、本当のトラブルというものは、その緊張がゆるんだときにやってくるものなのです。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...