不登校新聞

403号 2015/2/1

現場が凍りついた荒木飛呂彦先生への一言

2015年01月29日 17:48 by koguma


 俳優、漫画家、映画監督など、各ジャンルで活躍されている方々に「不登校」について聞くというのは、本紙ならではの取り組みだと思います。私がこれまで取材させていただいたなかにも、いわゆる"ビッグネーム”と呼ばれる方は多くいらっしゃいます。漫画家・荒木飛呂彦さんもその一人。代表作『ジョジョの奇妙な冒険』は1986年から現在まで続く長期連載で、コミックスは累計9000万部も売れている大人気の漫画家です。
 
 本紙の「子ども若者編集部」の企画なので、数名の子どもと私でうかがうことになったわけですが、大御所のインタビューということもあって、子どもたちはみな緊張しています。私は「大丈夫、落ち着いていこう」と声をかけます。「さすが大人!」と言いたいところですが、じつは私自身も緊張でガチガチです。緊張ってうつるんです。ただし、本当のトラブルというものは、その緊張がゆるんだときにやってくるものなのです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

私の孤独を紛らわしてくれた ブルーハーツの歌詞

474号 2018/1/15

ひきこもり「おさんぽ女子会」始めました

474号 2018/1/15

走り始めた国の検討会議 不登校の歴史vol.474

474号 2018/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...