「バイトしてみよう」「ここで働きたい」と思っても、まだ越えねばならない高い壁がある。それが「電話掛け」だ。「ここでバイトしたいんですけど」と言い、面接の日取りを決める。初めてバイトをする人にとって、この流れは意外と難易度が高い。
 
 基本的な電話の掛け方はアルバイト情報誌に載っているほか、インターネットでも調べられる。「メモをとりながら電話する」「面接の日時は確認のために復唱する」などの極意は、私も毎日仕事で実践しているので覚えておいてもいいだろう。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。