不登校新聞

403号 2015/2/1

不登校とバイト「苦手な電話は宅配ピザで練習」

2015年01月29日 17:27 by kito-shin


 「バイトしてみよう」「ここで働きたい」と思っても、まだ越えねばならない高い壁がある。それが「電話掛け」だ。「ここでバイトしたいんですけど」と言い、面接の日取りを決める。初めてバイトをする人にとって、この流れは意外と難易度が高い。
 
 基本的な電話の掛け方はアルバイト情報誌に載っているほか、インターネットでも調べられる。「メモをとりながら電話する」「面接の日時は確認のために復唱する」などの極意は、私も毎日仕事で実践しているので覚えておいてもいいだろう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校専用アルバイトマニュアル最終回「働かずに暮らす方法」

411号 2015/6/1

不登校専用アルバイトマニュアル 13年で実働30日。働けない私のいま

410号 2015/5/15

バイト決断から2年働けず 編集長 石井志昂

409号 2015/5/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...