不登校新聞

336号(2012.4.15)

わが家の場合「横に控える」

2013年05月09日 12:05 by kito-shin


  わが家に「不登校」が訪れたときの気分を、年末漢字風に一字で表すならば「難」でしょう。信じがたく、あり得ない苦難の如く。

 そして、そこからそれ以前を透かして見ると、「無難」に漬かっていたように思います。やっかいなことにそれは「世間・常識」と同様に無味無臭で無自覚ですから、壊れたブレーキの如くに問題の元凶は本人か子育てかと疑い続けました。つまり、「無難」という仕切り線に立ってそこから外れたものに歯がみしていたのです。

 とんでもない視界不良でした。では、いまはどうか。そこで、わが家における不登校体験の果実(らしきもの)について書いてみます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「学校に行かなくていい」と口では言いつつも【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

不登校、たった1つの優先事項【父親が語る不登校】

466号 2017/9/15

ゲームばかりの息子がまったく理解できなくて【親インタビュー】

463号 2017/8/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...