不登校新聞

336号(2012.4.15)

食べるいのち 第3回

2013年05月09日 12:04 by kito-shin


 これまで「食べるいのち」では4度の孵化を試みてきた。1度目の孵化挑戦は本紙299号に掲載されたが、2度目の孵化挑戦は、わが家で行なうことになった。

 卵を受け取った日のことは忘れもしない。池袋駅で企画立案者・田場寿子ちゃんと待ち合わせをし、マクドナルドの袋に入った卵をゲット。孵卵機「リトルママ」に電源をいれ、卵をセット。「念のため……」と思い、孵卵機の状況を寿子ちゃんに伝えると「それ、うまく起動してないよ」とのこと。とまあ、そんな感じですったもんだのあげくに孵化開始。あとは生まれるまで何もすることがない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...