不登校新聞

336号(2012.4.15)

芹沢俊介「吉本隆明の“ひきこもれ”」

2013年12月20日 18:16 by kito-shin


 吉本隆明の存在は、戦後という時代が生んだ奇跡のような思想家である。その吉本さんが逝って、はや3週間が過ぎた。ご家族の好意で入院中の吉本さんを見舞うことができたのが2月29日、二度目に見舞ったのは亡くなる前日の3月15日の午後であった。この日は酸素マスクの吉本さんと一人対面した。呼吸が浅く、荒く、1月15日に現世を旅立った父の間際の状態とそっくりだった。額に手をやり、肩から胸にかけてパジャマの上からさするように触れた。耳元で声をかけると、前のときのようなしっかりした反応はもらえなかったが、目が動くようで、ことによったら聞こえているのかもしれないと思った。結局、これが私の眼に写し取った吉本さんの最後の姿となった。

 1970年以来、知遇を得ての、吉本さんとの交流について、晩年の5年におよぶ離反については、別のところで書いたので関心のある方は見てもらいたい(『文學会』)。

 ここでは、吉本さんのひきこもり観一点にしぼって、一言記しておくことにしたい。吉本さんによるひきこもり理解に対する本質的な寄与は、その言語論において明らかになる。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【公開】静かな革命 奥地圭子

269号(2009.7.1)

人生の道標、北極星 石川憲彦

269号(2009.7.1)

あるがままとは 森英俊

269号(2009.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...