不登校新聞

225号 2007.9.1

07’夏の全国合宿in静岡

2015年02月10日 14:27 by 匿名

 07年8月25~26日、「登校拒否を考える夏の全国合宿」が静岡県伊東市で開催され、全国各地から640名が参加した(うち子ども220名)。この合宿は、登校拒否を考える全国ネットワークが毎年開催しているもので、今年で18回目。各地のフリースクール紹介を皮切りに、子どもやOB・OGのシンポジウム、地域別の親シンポジウム、渡辺位さんの講演など、多岐にわたる企画が催され、2日間にわたって、参加者は熱心に聞き入っていた。

 子どもンポジウムには、4人の不登校当事者が登場、それぞれ自分の経験を語った。

 中学生になってから急にいじめを受け、その後、不登校した富山雅美さん(17歳)は「学校は死にたいと思いながら行き続ける場じゃない」と訴えた。また、秋田匠さん(18歳)は「よく『将来はどうするの?』と聞かれるけど、いまは学校に行っても、行かなくても、働いていても、将来が不安定になることがある。不登校の人にだけ『将来は?』と聞く意味があるのだろうか」と語った。自分自身を見つめ、実感から生まれた言葉は、会場から多くの共感を得ていた。

 大事なのは子どもの決断

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

通信制高校の生徒数過去最多。高まるニーズの一方で懸念の声も

538号 2020/9/15

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...