不登校新聞

225号 2007.9.1

第6回 捨てられた!【下】

2015年02月10日 14:34 by 匿名
2015年02月10日 14:34 by 匿名

連載「家庭内暴力」


 私は家から出られない不自由さや子どもの行動の全責任が自分にあるような気持ちから、ときどき大声をあげて家族にストレスをぶつけることがあった。そのセリフまわしがまた母と同じで落ち込んだ。

 子どもが学校に行かなくなって1年ぐらいしたころ、私は東京シューレで行なわれている渡辺位さんの来られる親の会に参加するようになった。そこでの子どもの側に立ってものごとを考えること、一番苦しいのは親ではなく子どもであること、子どもの言葉の裏の気持ちを考えること……という考え方の一つひとつが私のいままでの価値観や思考回路を変化させていった。「この年になって親のことがネックになっている」という私に対して、先輩お母さんのAさんは「親の問題はそれだけ重いということじゃないかしら、自分を肯定できるようになればきっと子どもも肯定できるようになるわよ」「大声をあげたら謝ればいいじゃない」と言ってくれた。母に一度も「ごめんなさい」なんて言われたことがない私はカルチャーショックだった。しかし、一度「ごめんね」と言ってみると、その場の空気の流れがよくなり、子どもにすなおになることの気持ちよさを感じることができた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「私はずっと孤独でした」不登校の悩みを共有できる味方が見つからず苦しんだ母親に訪れた転機【全文公開】

619号 2024/2/1

「生活費の不安で押しつぶされそう」2人の息子が不登校したシングルマザーが限界の日々を抜け出せた理由【全文公開】

616号 2023/12/15

「あなたの味方だよ」かつて不登校だった私が、母親として不登校のわが子に伝えたこと

616号 2023/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…