不登校新聞

225号 2007.9.1

論説「増加に転じた不登校」

2015年02月10日 14:46 by 匿名

 今夏は大変な猛暑だった。この猛暑に重なるように、8月10日、新聞各紙は、今年の学校基本調査の速報を伝えた。とりわけ、「不登校の5年ぶりの増加」が大きく報道された。06年度の小中学生不登校数は12万6764人となり、前年比4477人(3・7%)増であった。01年に13万8722人と過去最高を記録してから、4年間微減を続け、5年ぶりに増加に転じた。しかも、中学生に占める割合は2・86%と過去最高だった。
 
 文科省は5年ぶりの増加について、「いじめの社会問題化の影響で、無理に登校しなくてよい、と考える親たちが増えたためではないか」と指摘する。たしかにそれもあると考えられる。いじめに関心を強めた文科省は、今回の調査のなかに、はじめて「いじめ」を調べる項目を入れた。調査によると、いじめをきっかけとした不登校は小学校759人、中学校3929人の計4688人だった。約4700人もの子どもが昨年いじめに苦しみ、不登校をせざるを得なかったかと思うと、それだけで胸が痛い。しかし、フリースクールや親の会といった現場での実感からすると、もっともっと多いと考えられる。文科省の指摘どおり「いじめられるくらいなら」と考える親が増えたのなら、それはよかったなあと思う。本紙もまた、その方向で発信し続けている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校新聞の創刊に至った9月の事件

193号(2006.5.1)

学校基本調査速報に見る、強まる投稿圧力 内田良子

201号 2006/9/1

論説 “心の非暴力”を 森英俊

202号 2006.9.15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...