不登校新聞

225号 2007.9.1

声「誰に対しての障害?」

2015年02月10日 14:52 by 匿名
2015年02月10日 14:52 by 匿名


 わずか20年ぐらいのあいだにさまざまな名前の障害が増えています。

 パニック・摂食・強迫・不安障害、軽度発達障害(アスペルガー・LD・ADHDなど)、昔はわからなかった障害がわかるようになったのか、より競争的で高度に情報化された社会になったため、適応しにくい人たちが障害者として区別されるようになったのか、どちらかわかりません。たぶん、両方の要素があると思います。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

621号 2024/3/1

編集後記

621号 2024/3/1

『不登校新聞』のおすすめ

620号 2024/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

621号 2024/3/1

「この歪んだ社会では『逃げること』以外に貫ける正義はないよ」。『みんなうんち』…

620号 2024/2/15

今回は数々の高校の立ち上げに携わり、不登校の子の進学事情にもくわしい時乗洋昭さ…

619号 2024/2/1

「私が心から求めていたのは自分と同じ不登校の親だった」――。兵庫県在住の足立き…