不登校新聞

225号 2007.9.1

映画評『水になった村』

2015年02月10日 15:10 by nakajima_
『水になった村』
監督・大西暢夫 制作・ポレポレタイムズ社

 岐阜県の山奥にあった徳山村は、自然豊かな村だった。しかしいま、徳山村をみることはできない。水に沈んでしまったからだ。

 徳山村にダム建設計画が持ち上がったのは1954年のこと。長い交渉のすえ、村人たちは近隣の街に造られた移転地へと引っ越していったが、「村が沈んでしまうまで、できるかぎり暮らし続けたい」と戻ってきたお年寄りたちがいた。監督の大西暢夫さんは、そんなお年寄りたちの生活を92年から15年に渡り撮り続けた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

ひきこもりUXが「自助会の作り方講座」全国キャラバンへ

514号 2019/9/15

不登校、ひきこもりの人が集まる「子ども若者編集会議」のお知らせ

514号 2019/9/15

不登校・ひきこもりイベント情報

514号 2019/9/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...

513号 2019/9/1

不登校経験者10名でタレント・歌手の中川翔子さんにインタビューを行なった。...

512号 2019/8/15

樹木希林さんの娘・内田也哉子さんと本紙編集長の対談。亡くなる前につぶやいた...