不登校新聞

404号 2015/2/15

自らの不登校経験を漫画化「学校へ行けない僕と9人の先生」

2015年02月13日 17:45 by koguma


 本書は小学1年生から中学生に至るまで不登校した著者の実体験を漫画化した作品です。良くも悪くも、著者が影響を受けた大人が「9人の先生」として登場します。その最後、9人目は漫画家の鳥山明さん。言わずと知れた『ドラゴンボール』の作者です。
 
 こう書くと、ついそちらに目が向きがちになりますが、本作のもう一つの魅力は「不登校した子どもの気持ちが克明に描かれている」ということ。
 
 学校に行けない自分をどう捉え、何に苦しみ、どんなことがうれしかったのか。不登校の子を持つ親として一番知りたい「うちの子、何考えているんだろ?」という部分がギュッと詰まっています。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...