不登校新聞

404号 2015/2/15

自らの不登校経験を漫画化「学校へ行けない僕と9人の先生」

2015年02月13日 17:45 by koguma


 本書は小学1年生から中学生に至るまで不登校した著者の実体験を漫画化した作品です。良くも悪くも、著者が影響を受けた大人が「9人の先生」として登場します。その最後、9人目は漫画家の鳥山明さん。言わずと知れた『ドラゴンボール』の作者です。
 
 こう書くと、ついそちらに目が向きがちになりますが、本作のもう一つの魅力は「不登校した子どもの気持ちが克明に描かれている」ということ。
 
 学校に行けない自分をどう捉え、何に苦しみ、どんなことがうれしかったのか。不登校の子を持つ親として一番知りたい「うちの子、何考えているんだろ?」という部分がギュッと詰まっています。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

“「いじめ」と「いじり」の違いは?” 書評

208号 2006/12/15

書評『「ニート」って言うな!』

208号 2006/12/15

書評『欲ばり過ぎる日本の教育』

208号 2006/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...