不登校新聞

224号2007.8.15

学校基本調査 不登校数増12万6764人に

2015年02月17日 14:25 by nakajima_


 07年8月9日、文科省は学校基本調査、児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査の速報を発表した。速報によると、昨年度の「不登校」を理由とする長期欠席者数(年間30日以上)は12万6764人(前年度比4477人増)だった。不登校者数は1975年以来27年間増加し、その後、4年間微減を続けていたが増加に転じた。全児童に占める割合は1・17%。少子化の影響もあり、中学生に占める割合は2・86%と過去最高を記録した。

 学校基本調査速報によると、小・中学校の在籍者数は1074万7420人(前年度比4万1524人減)であった。06年度の「不登校」による長期欠席者は、小学校が2万3824人で、全児童に占める割合は0・33%、中学校が10万2940人で、全生徒に占める割合は2・86%となった。

 長期欠席者数全体も昨年度に比べ9000人増加した。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...