不登校新聞

224号2007.8.15

ひといき 小熊広宣・石井志昂

2015年02月17日 13:56 by nakajima_


 丸木美術館、緊急集会と、ここ1カ月ほど、核や原爆などの問題について取材を重ねてきた。そうしたなか、国は原爆症の認定基準について見直すとした。62年がすぎ、多くの命が失われてきたなかで、遅きに逸したという感は否めない。検討うんぬんという時間は残されていないのではないか。このタイミングでの発言は、小泉前首相の北朝鮮訪問とおなじではないか。今回の見解が誠ならば、各地で起きている裁判の上告を取り下げ、集団的自衛権に関する検討委員会など、即座に解散すべきだ。そうした委員会でムダな税金が使われるよりも、原爆症に苦しむ方々にいまより1円でも多くの支援が行き届くことを望む。核や武力による抑止力が生み出す平和など、虚構にすぎない。 (東京編集局・小熊広宣)

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

法成立後3年目 不登校の歴史vol.534

534号 2020/7/15

かがり火

534号 2020/7/15

ひといき

534号 2020/7/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...