不登校新聞

224号2007.8.15

書評「子どもに聞くいじめ」

2015年02月17日 14:07 by nakajima_


『子どもに聞くいじめ』

編著・奥地圭子/刊・シューレ出版

 学校基本調査では、今年から新しく不登校のきっかけ、継続理由に「いじめ」が加えられた。調査結果は、いじめをきっかけとする不登校は3・2%。いじめを不登校の継続理由にあげたのは1%にとどまった(複数回答)。

 「いじめ」の実態を考えるべく、当事者の目線からいじめを訴えた本を紹介する。自身が編著にあたった『子どもに聞くいじめ』を中心に、奥地圭子が執筆した。

 いじめについて書かれた本は多いが、子ども自身の経験がぶつけられた本は少ない。

 この新刊は大人の議論ではなく、いじめ・いじめ自殺の問題を、まずは直面した子ども自身に聞くところから考えよう、という書である。そして7人、いじめを受けた子どもから、ていねいな聞き取りをしていく。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...