不登校新聞

224号2007.8.15

緊急集会 「核」の全面廃止、訴える

2015年02月17日 14:16 by nakajima_
 07年7月16日に発生した新潟県中越沖地震により、大きな被害を受けた柏崎刈羽原発について2日、緊急集会「『想定外』地震が原発を襲った~柏崎刈羽から現地報告~」が東京都千代田区・総評会館にて行なわれた。(主催・原子力資料情報室)

 講師には「原発反対刈羽村を守る会」の武本和幸さんが招かれ、スライド写真を交えての現状報告が行なわれた。武本さんは柏崎市刈羽村の出身。大学在学中から同原発の地盤に対する安全性に疑問を持ち、反原発活動を続けている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

抗うつ剤の使用上注意に「自殺の恐れ」 厚労省が製薬会社に明記を指示

189号(2006.3.1)

暴力的な「ひきこもり支援」は違法 名古屋市で集会

189号(2006.3.1)

少年事件は1万人以上減 警察庁が発表

189号(2006.3.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...