不登校新聞

224号2007.8.15

「弱い」人間は生きていけない? 青木悦

2015年02月17日 15:31 by nakajima_


 「うちの子は、いじめられてもイヤだ、やめてと言えません。こんな弱い子どもは将来どうなってしまうのか。考えはじめると苦しくなります」――ある母親からそんな相談を受けた。けっこうこの種の声はたくさん届く。

 「いじめられてもノーと言えない」という、たった一行のことばのなかに、じつにいろいろなことが含まれている。「いじめ」とは何ぞや。「いじめられても」の「ても」は、すでに一つの価値を含む言い方ではないか。「ノー」というのは、具体的にどういう態度を指すのか。「言えない」というけれど、「言えない」のか「言わない」のか、「言ってもムダだと思うから言わない」のか……などなど。理屈っぽく考えると、たくさんの疑問がわく。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校新聞の創刊に至った9月の事件

193号(2006.5.1)

学校基本調査速報に見る、強まる投稿圧力 内田良子

201号 2006/9/1

論説 “心の非暴力”を 森英俊

202号 2006.9.15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...