不登校新聞

224号2007.8.15

第10回 教育再生会議第二次報告【下】

2015年02月17日 14:29 by nakajima_

連載「精神現象」


 教育再生会議の第二次報告は、「学力向上」「徳育」「大学・大学院再生」の3つの部分から構成されている。

 まず、学力向上の方針は、「ゆとり教育」が学力を低下させたという、根拠のない認識に基づいて提起されている。なぜ根拠がないかは、次のような例を見るだけでもあきらかだ。現在の安倍内閣には、国語力が不足している大臣が、少なくとも2人いる。一人は柳沢伯夫厚労相で、国会答弁でみずからそれを認めた。もう一人は、ほかならぬ安倍晋三首相で、加藤紘一議員からそう指摘された(もっとも、安倍首相はのちに、菅直人議員に対し同じ指摘を投げかけた)。彼らはいずれも、ゆとり教育で育った世代ではない。

 次に、徳育は、「偉人伝や古典」「芸術・文化・スポーツ活動を通じた感動」によって、実施するらしい。偉人や古典をなめてはいけない。偉人は、つねに時代の徳育に抗って、新しい地平を切り開いてきた。また、古典は、時代の矛盾を鋭敏に察知するなかから生まれた、当時の先端思想にほかならない。芸術・文化も同じだ。一見、徳育と結びつきやすそうなスポーツも、民衆に愛された力道山のプロレスを考えればわかるように、徳育的体制との相克を孕んでいた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...