不登校新聞

224号2007.8.15

声「選挙は政治ショー?」

2015年02月17日 14:44 by nakajima_


 参議院選挙は、民主党のひとり勝ちに終わり、Fonteの政党アンケートで、他党よりも不登校への理解が深かった、共産党、社民党はそれぞれ2議席ずつ減らし、ますます少数者の声が届きにくくなりました。

 とくに共産党は今回、唯一ワーキングプアやネットカフェ難民問題を取り上げ、「ストップ貧困」を訴えましたが、ほとんど争点にはなりませんでした。

 前号のFonteでも、ニートから就労した人のほとんどが月収15万円以下の低賃金であることが報じられましたが、そうした人々の声がより届きにくくなったわけです。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...