不登校新聞

224号2007.8.15

子ども編集部員紹介 「話を聞いてみたい」

2017年03月15日 11:47 by nakajima_


 私は現在、東京シューレに通っていて、1年くらい前から子ども編集部にかかわっています。子ども編集部では、「大人って何だ?」というテーマについて巣鴨の老人ホームでお年寄りの話を聞いたり、「カラスVSトキ」の取材では、カラス研究で著名な樋口広芳・東京大学大学院教授に話を聞きに行くなどしてきました。最近では、「テレビを見ながら寝ているお父さんがなぜテレビを消すと起きるのか?」という疑問を解決するため、睡眠研究の第一人者である井上昌次郎さんの取材を行なったりするなど、取材に参加した回数では、いまの子ども編集部で一番多いかも(笑)。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校をしたら行き場がない」と思ってた私が仕事に就くまで

524号 2020/2/15

7年間ひきこもった僕の過去、社会復帰のためには隠すべきなのか

524号 2020/2/15

不登校だった私が思う「親が子どもを待つ」難しさとその意味

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...