不登校新聞

224号2007.8.15

第224回日米フリースクール交流

2015年02月17日 14:55 by nakajima_

連載「不登校の歴史」


 90年代半ば、東京シューレは、スペースが拡がるだけでなく、東京シューレ外の人たちとも積極的に交流し始めた。子どもたちは、元気でイキイキと活動した。とりわけ世界を広げたのは、海外との交流だった。海を越えて、フリースクールどうしの連携が生まれていくのである。そして、2000年には、「IDEC」の日本開催を実現するまでになるのだが、その一歩は、94年4月の「日米フリースクール交流」だった。

 これは、じつにおもしろかった。アメリカの古いフリースクールであるクロンララスクールと東京シューレの中高生たちが、太平洋をわたっていっしょに相互の国を旅するというものだった。はじめの2週間は、クロンララの子たちが日本にやってきた。ちょうど桜の咲いている4月のことで、子どもたちは、まず東京でホームステイを1週間してもらいながら、お花見、サッカー、音楽会などで交流した。次の1週間は、さんざん実行委員会で練りに練っての企画だったが、京都と広島を案内することになり、東京シューレの子たちをあわせて、約40人の旅となった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...