不登校新聞

224号2007.8.15

尾木直樹さんに聞く “今の教育”

2015年02月17日 15:11 by 匿名


 今回は、教育評論家の尾木直樹さんに、教育基本法の改正や教育再生会議など、現在の教育状況について、うかがった。

――現在の教育状況をどう見られていますか?
 日本の戦後教育には、一人ひとりの個の尊厳を守り、人格の完成を目指すという理念がありました。教育とは個の発達支援、それが教育基本法の基本理念でもあり、憲法の理念です。

 この教育基本法が、昨年暮れ、60年ぶりに「改正」されました。しかし、これは「改正」と言えるような代物ではありません。旧法とは理念のまったくちがう法律ですから、新・教育基本法と言えるでしょう。

 新法の特徴は二つあります。一つは憲法の理念に明確に反していること。新法の理念は、憲法の原則である国民主権、平和主義、基本的人権の尊重に反しています。もっと言えば新法が目指すところは国家主導の教育であり、いわば戦前の教育に戻ったとも言えるでしょう。

 もう一つの特徴は教師の「直接責任制」の廃止です。学校においては、教師が日常的に接する子どもや親の要求に耳を傾け、教育を実践することにより、その責任を果たすべき、という考えが教師の直接責任という意味です。直接責任を負うからこそ、教師には評価権など文科大臣でも介入できない権限があり、重い責任を負っています。新法では「教育は(中略)法律の定めるところにより行なわれるべき」(間接責任制)となってしまいました。「教師も公務員だから法令に従うべき」という意見は、説得力があるようにも思われます。しかし、そもそもの教育条理から言えば、教師は「法令」を突き破った立場から責任を持って教育しているわけです。直接責任制の問題は教育条理が突き崩されたという問題をはらんでいます。

 問われる法の子ども観

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

新学期目前、今の子どもの心境は。4つの行動パターンと対応方法

551号 2021/4/1

子どもの人権を守るために、子どもの居場所で取り組むべき4つのこと

550号 2021/3/15

「学校に行きたくない」と言われたら。子どもの気持ちとの向き合い方

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...