不登校新聞

335号(2012.4.1)

食べるいのち 第2回

2013年07月30日 12:56 by kito-shin


 「レトルトパウチな(あてがわれたような)生死観で物を言う資格はないかもな」――死に対する憧れが強く、殺しや自殺、「死」の描写のある文学や芸術にハァハァしていたある日、そう思った。そんなとき、この企画への声がかかった。一つの命が食肉に至るまでの過程を知り、「生」について考える企画だそうだ。「死」を考えるとき「生」を抜きには考えられない。自分の死に対する気持ち、憧れ、興味、それらは死を知らないからこそのファンタジー趣味なのだろうか。なにしろ身近な人が死んだこともない。自分の死に対する感覚は未成熟で幼稚かもしれない。これは一つのコンプレックスだった。よし、やろうじゃないか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...