不登校新聞

335号(2012.4.1)

論説「吉本隆明の遺したもの」高岡健

2013年09月17日 16:49 by kito-shin


 詩人で文芸評論家の吉本隆明が亡くなった。肺炎だったという。商業新聞は大きなスペースを割いて死亡記事を掲載したし、毎日新聞は社説にまで取り上げていた。彼が及ぼした、多領域での深い影響ゆえにであろう。

 私が吉本から直接、話をうかがったのは3度にすぎない。しかし、それ以外にもいくつかの集会で講演を聞いているし、数えたことはないが、私が読んだ彼の著作は200冊にものぼると思う。ちなみに、それらのうちから私がとくに影響を受けたものを3つだけあげるとするなら、『言語にとって美とはなにか』『敗北の構造』『初期歌謡論』ということになる。

 『Fonte』の読者であれば、まっ先に思い浮かべる吉本の言葉は、『この人が語る不登校』に収載された「コンプレックスにしてしまうのはつまらない」かも知れない。そこでは、次のように語られている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【公開】静かな革命 奥地圭子

269号(2009.7.1)

人生の道標、北極星 石川憲彦

269号(2009.7.1)

あるがままとは 森英俊

269号(2009.7.1)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...