不登校新聞

335号(2012.4.1)

日本妖怪学会に激震!! 海坊主の正体が?!

2013年07月30日 14:07 by kito-shin



三重・歴史民俗研究会が新説発表


 海坊主は実在する――。今年1月に行なわれた日本妖怪学会にて発表された学説がいま、ひそかな話題を呼んでいる。発表したのは「三重・歴史民俗研究会」(以下、研究会)だ。大学教授と市民が共同して同県の風土、文化、歴史に関する研究や古書の解読・分析などに長年取り組んでいる。ただし、その研究対象が妖怪にまで及んでいることはあまり知られていない。

 「ネッシー」や「ツチノコ」といった空想上の生物が実在するというニュースはこれまでにもたびたび世間を賑わせてきた。最近では「雪男」だ。「ビックフット」「イエティ」などの別名で知られ、昨年には国際会議で「実在する確率は95%」という発表が大きな注目を集めたことは記憶に新しい。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...