不登校新聞

223号 2007.8.1

声 「怒りの人格」

2015年02月24日 14:43 by 匿名
2015年02月24日 14:43 by 匿名


 子ども(大人でも当てはまるかもしれませんが、私の専門外なので)がいわゆるキレた状態になったとき、そのキレたときの状態を覚えていない場合があります。そのキレたときの子どもの心の状態を説明します。

 キレたときの子どもはけっしてキレたときの行動を意識的にしたのではないです。キレたときの記憶が残っていないのも、自分を守るために嘘を言っているのではないです。その子どもは度重なるつらい経験から、子どもの心に大きな傷を受けています。心的外傷の状態です。その大きな心の傷を持っている状態で新たな酷くつらい経験をしたとき、激しく心の傷が疼いて、一時的な解離状態(別人格として振る舞う)を起こして問題行動を起こします。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『不登校新聞』のおすすめ

590号 2022/11/15

編集後記

590号 2022/11/15

不登校・ひきこもりイベント情報「支援者向け研修会」開催へ

589号 2022/11/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

590号 2022/11/15

小学5年生のときに不登校した山下優子さん(仮名)は、その後、「ふつうになりたい…

589号 2022/11/1

小・中学校で不登校、高校では中退を経験しながらも、25歳の若さで市議会議員に当…

588号 2022/10/15

不登校という同じ状況においても、娘と母で見えることはちがってきます。親子ゆえの…