先日、ハローワークの就職カウンセリングを受けてきました。これまで何度かアルバイトに応募しましたが、どれもうまくいかず、行き詰まりを感じていたからです。
 
 しかし私がそこで受け取ったのは、「訓練を受けて、ふつうの人になるか、ふつうの人のマネができるようになったら、後はふつうの人と同じように就活してね」というメッセージでした。「ふつうの人のマネ」。それは、私が小学生のときに「このままでは死んでしまう」と思い、やめたことです。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。