不登校新聞

222号(2007.7.15)

かがり火 奥地圭子

2015年03月05日 13:11 by nakajima_


  7月5日、国会が閉幕した。多数という名の暴力を、これほど見せつけられた国会はなかった。何という文化度の低さか。恥も外聞もない。日本には「たががはずれる」という言い方があるが、現内閣と与党は、民主主義のたがをはずしてしまった。

 国会とは元来、民主主義の象徴である。意見はちがっていい。しかし、ちゃんと議論せず、国民のこれからを左右する問題も、すでに結論を決めておいて、自分たちの都合で強行採決で押し切っていく。もう、国会はかたちだけの場になった。これなら、国会はいらないではないか。この姿をテレビを通して、子どもたちはずっと見ている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...