不登校新聞

222号(2007.7.15)

いまの日本にとって「貧困」とは

2015年03月05日 15:07 by 匿名


 今回は、湯浅誠さん。NPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」の事務局長として野宿者支援を行なうなかで、反貧困のためのネットワーク構築にも力を入れている。現在の日本社会における貧困とは何か、うかがった。

――「貧困」という言葉を全面に出して活動されていますが。
 昨今、「格差」という言い方がよくされますが、これは相対的な言葉で、何でもちがいがあれば「格差がある」と言えるんですね。いまではその意味合いも薄まっていて、貧困とは無縁な場合にも用いられます。それに対して「貧困」という言葉は非常にストレートで、問題の所在がはっきりする言葉なのです。さらに、格差という言葉には価値観が伴っていません。たとえば、格差には善悪がないわけです。しかし貧困の場合、「あってはならない」という価値観が明確にあります。

――日本社会でいう貧困とは?
 日本では貧困といった場合、ホームレスの人たちを思い浮かべやすいかもしれませんね。

 しかし、一方で「好きであの生活をしている」とする考えもあり、彼らは貧困だと見なさず、支援対象と見なさない人たちも少なくありません。ある貧困観調査で、民生委員や児童相談所の職員などに「ホームレス状態は貧困ですか」という質問をしました。結果は「そう思う」と答えた人は25%、「そう思わない」と答えた人は37%いました。福祉職といわれる分野で仕事をしている人たちのなかにも、「ホームレス状態は貧困状態ではない」という認識があるのです。それはちょうど、フリーターという存在が社会的に注目されるようになったときの、「彼らは好きで企業に縛られない気軽な生き方をしている」というまなざしとおなじです。

――具体的に、どのような状況が貧困にあたるのでしょうか。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

新学期目前、今の子どもの心境は。4つの行動パターンと対応方法

551号 2021/4/1

子どもの人権を守るために、子どもの居場所で取り組むべき4つのこと

550号 2021/3/15

「学校に行きたくない」と言われたら。子どもの気持ちとの向き合い方

548号 2021/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

551号 2021/4/1

みんながあたりまえにできることが、自分だけできない。そんな生きづらさは「発...

550号 2021/3/15

岩手県で不登校や引きこもりに関する居場所や相談などの活動をされている後藤誠...

549号 2021/3/1

元小学校教員であり、不登校の子を持つ親の加嶋文哉さん。生活リズムへの対応へ...