不登校新聞

222号(2007.7.15)

辛淑玉さん講演 “差別に吐き気がした”

2015年03月05日 15:09 by 匿名
 今月3日、「2007年シューレ大学公開講座」第一弾が行なわれた。講師は辛淑玉さん。

 昨年、辛淑玉さんはカリフォルニア州立大学サンディエゴ校の客員研究員として1年半アメリカに滞在し、現地の人権運動に幅広く関わるほか、さまざまなインタビュー取材を通して、アメリカ社会の実情を独自の視点で調査研究を行なってきた。

 メキシコとの国境付近にある「ラホヤ」という高級住宅街がある。そこで、辛さんが目にしたのは「厳然たる白人と移民のあいだにおける差別構造」だった。とくに、アラブ系の住民に対する差別がひどく、「吐き気がする」思いだったと、強い憤りを示した。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

通信制高校の生徒数過去最多。高まるニーズの一方で懸念の声も

538号 2020/9/15

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...

536号 2020/8/15

「勉強の遅れ」を心配する声がたくさんの保護者から聞くようになりました。いま...