不登校新聞

362号(2013.5.15)

第18回 自閉症とアスペルガー

2013年12月25日 14:45 by kito-shin


連載「子ども若者に関する精神医学の基礎」


 今回から、テーマは「自閉性障害とアスペルガー症候群」。キーワードは「関係性」そして「時代社会」です。
 
 いま、精神医療の現場では"児童精神科ブーム”が起きています。それを下支えしているのが「発達障害」に対する関心の高まりでしょう。今のような考え方が出てきたのは1980年代のことですが、2004年に「発達障害者支援法」が施行されると、当事者である親子のみならず、医療関係者、学校関係者、学校外の居場所支援者など、子どもと関わる人たちを中心に一大バブル現象が引き起こされました。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...

465号 2017/9/1

8月25日、本紙を含む子ども支援に関わるNPO団体が共同メッセージ「学校へ...

464号 2017/8/15

本人は入学式前から、ピカピカのランドセルや「拾ってきた」という謎のワンピー...