不登校新聞

362号(2013.5.15)

第9回「生活習慣の獲得と自己の社会化に向けて」

2014年02月13日 15:42 by kito-shin


◎連載「ひきこもるキモチ」

 前回の記事に書いたように、ひきこもりを辞める決意をしてから、どうするか前向きに考えた。「脱ひきこもり」にレールはない。そもそもレールとはなにか。成功するための資格獲得や社会属性(学校や会社やチームなど)への帰属だ。「脱ひきこもり」のレールを自分でつくるとすると、”健康を維持する生活習慣の獲得”と"社会復帰のための自己の社会化”の2つが大きな柱になると気づいた。考え続けていたら答えが出たので"考えまくって知恵で解決する”をその後の方針とした。人に頼るという生き方もあったかもしれないが、当時は人と関わることを極端に恐れていたのと、それで成功するのなら、もっと多くの人が「脱ひきこもり」を成功させているはずという思いがあった。連載に書いたように、いまの常識はひきこもりに対応できていない。
 
 考え方が人間をつくる。いまの状況は、いままでの考え方が招いたところがある。つまり、考え方が変われば現実も変わる、と当時読んでいた自己啓発本に書いてあったので、恐ろしい試みだったが実行することにした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

492号 2018/10/15

うちの子が、ある日突然、ふたたび学校へ行き始めましたが(中略)再登校を機に...

491号 2018/10/1

棋士ならば頭のなかで100手以上も先のことを考えることができます。しかし的...

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...