不登校新聞

221号2007.7.1

不登校経験者、現・書道家 成田真澄さんに聞く

2015年03月12日 15:37 by 匿名
2015年03月12日 15:37 by 匿名


 今回は、成田眞澄さん。小学校のときに不登校になり、現在は書道家として、手書き筆文字にこだわった掛け軸やウェルカムボードなどの制作および販売を、自身のホームページ「筆字屋」を通して行なっている。

 「私は書道に救われた」と話す成田さんに、不登校のいきさつや自身にとっての「書道」とは何か、うかがった。

 成田さんが不登校になったのは、小学校3年生のとき。通っていた私立の女子校での学習の進め方に疑問を抱いたことがきっかけだった。

 「勉強に非常に力を入れていた学校で、テストの点が10点下がっただけで、親が呼び出されるほどでした。宿題も多くて、寝るのが深夜になることもざらでした。『こんなのおかしいって』って、ずっと疑問を感じてて。『学校に行きたくない』って思うようになり、しだいに発熱や頭痛といった身体症状が出始めるようになりました。親に連れられて病院のカウンセリングにも通いましたね」。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「あいつと関わるな」 僕の一言で友だちの態度が一変 中2で不登校した帰国子女の体験談

595号 2023/2/1

「この人に会えたら変われる気がした」7年ひきこもりした男性が憧れの人に出会うまで

595号 2023/2/1

優等生の僕に起きた異変 突然の体の不調は「もう限界」のサイン

594号 2023/1/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

595号 2023/2/1

「寄り添う」とは、いっしょに考えること。「スカートをはいた大学教授」としてSN…

594号 2023/1/15

進学について、不登校のわが子と話すのが難しいと感じている親御さんもいらっしゃる…

593号 2023/1/1

在籍者の8割が不登校経験者という立花高等学校で校長を務める齋藤眞人さん。不登校…