不登校新聞

221号2007.7.1

第3回 眠れなかった日々

2015年03月12日 14:29 by 匿名

連載「家庭内暴力」


 同じ家庭内暴力の経験を持つシューレの親ゼミのOBのMさんの言葉、「自分が一番わかってほしい人に、一番強くあたるのよ」は、強く心に届いた。私は、息子の苦しさを受けとめることより、自分がこの状況から早く抜け出したいだけだったのかもしれない。息子は、自分の気持ちを家族にも理解してもらえず、孤独感でいっぱいだったと思う。

 翌日、中学校へは、「医療機関と連絡をとり対処します」と返事をした。しかし、ある病院では、「入院の紹介状を書きましょう」と言われた。また別の病院では生育歴を尋ねられ「息子はまじめですが、つき合いべたで、友だちも少ない子でした……」と話すと、「それでは、治りませんね」と言われ、ショックを受けた。以後、一度も病院へは行っていない。入院ではなく、治療ではなく、家族の中で息子のつらさを柔げてあげたい。息子の心が見えるようになりたいと、強く思った。

 地縁・血縁から孤立無援

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「すべてがストップしてしまう」息子が不登校になって心配だったこと

539号 2020/10/1

心療内科では何も変わらず、不登校の親の会で心がほぐれた

538号 2020/9/15

「これからどうする」と聞かれても親だって困る【祖父母と孫の不登校】

537号 2020/9/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...