不登校新聞

362号(2013.5.15)

北本市いじめ自殺裁判とは

2013年07月19日 11:57 by kito-shin



日本で初めていじめの「国家責任」を問う

 訴状によると、中井佑美さんは小学生のころからいじめにあっていた。小学校6年生ごろから、頻繁に悪口を言われるようになった。佑美さんは当時、教員との交換日記で、何度も担任に訴えていた。しかし、いじめが続いたため、母親が担任教師に注意を要請。担任は佑美さんと同級生2名を交えた話し合いの場を設けた。しかし、その後、佑美さんは同級生2名らにトイレへ連れ込まれ「便器に顔を突っ込め」と言われるなど、いじめは深刻化した。中学校へ進学すると、さらに深刻化し、悪口、無視、靴を隠されるなどのいじめを受け続けた。そして2006年10月11日、佑美さんは8階立てマンションの屋上から飛び降りて亡くなった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校に「なんで行きたくないの」と聞くのが地雷である理由 『不登校新聞』記者コラム

474号 2018/1/15

子どもがゲームばっかりになる2つの理由をご存知ですか?【不登校新聞・記者コラム】

471号 2017/12/1

不登校からの進路選択 言えない重圧と親にできる支え

470号 2017/11/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...