不登校新聞

362号(2013.5.15)

北本市いじめ自殺裁判とは

2013年07月19日 11:57 by kito-shin



日本で初めていじめの「国家責任」を問う

 訴状によると、中井佑美さんは小学生のころからいじめにあっていた。小学校6年生ごろから、頻繁に悪口を言われるようになった。佑美さんは当時、教員との交換日記で、何度も担任に訴えていた。しかし、いじめが続いたため、母親が担任教師に注意を要請。担任は佑美さんと同級生2名を交えた話し合いの場を設けた。しかし、その後、佑美さんは同級生2名らにトイレへ連れ込まれ「便器に顔を突っ込め」と言われるなど、いじめは深刻化した。中学校へ進学すると、さらに深刻化し、悪口、無視、靴を隠されるなどのいじめを受け続けた。そして2006年10月11日、佑美さんは8階立てマンションの屋上から飛び降りて亡くなった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

夏休み中、不登校の子にしてはいけない約束とは

487号 2018/8/1

知らないと損する?「高認」のメリットと注意点

479号 2018/4/1

新学期目前は親も子もざわつく時期、臨床心理士が解く「子どもの葛藤」の支え方

478号 2018/3/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

490号 2018/9/15

高校を3日で辞めた長男はまったく外出しなくなりました。とりわけ、同世代の子...

489号 2018/9/1

気持ちの浮き沈みは天気のようなものです。雨が降ったり、雪が降ったりするよう...

488号 2018/8/15

長瀬晶子さん(仮名)の次男は、小2の9月から不登校。「あまりに早すぎる」と...