不登校新聞

221号2007.7.1

第7回 臓器移植法改正案【上】

2015年03月12日 14:33 by 匿名

連載「精神現象」


 2007年6月20日に、臓器移植法改正案が審議入りし、衆院厚労委に小委員会が設置された。次期国会で成立させる狙いがあるという。改正案として提出されているのは、次の二つだ。第一に、脳死者が生存中に拒否の意思を示していないかぎり、遺族の承諾により臓器を摘出できるようにする中山太郎(自民)案。第二に、臓器提供の意思表示ができる年齢を15歳から12歳へと引き下げる斉藤鉄夫(公明)案。

 中山案は、ドナー(臓器提供者)の数を増やすことを目的としている。だが、この案によって脳死下の臓器移植が激増することはないと、断言していいだろう。なぜなら、脳死下の移植は、ドナーとレシピエント(臓器被提供者)がたがいに異なった共同体に属していることを、原則とするからだ。この原則について、少しくわしく述べてみよう。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...