不登校新聞

221号2007.7.1

反貧困の輪 若者労働代表らが議論

2015年03月12日 14:39 by 匿名
2015年03月12日 14:39 by 匿名


 本紙209号でも登場した雨宮処凛さんが今年07年3月に『生きさせろ~難民化する若者たち~』(太田出版)を出版した。不安定さを強いられる若者(プレカリアート)の現状と問題指摘、そして厳しい状況に「抵抗」する若者たちを綴った本書。この本に紹介された「抵抗する人々」や若者による新しい労働組合運動を始めている人々が集まり、07年6月18日、トークイベント「『生きさせろ!』 ~新しいネットワークの構築に向けて~」(主催・同会実行委員会)が開かれた。会場には約150名が集った。

 パネリストは雨宮処凛さん、池田一慶さん(ガテン系連帯)、河添誠さん(首都圏青年ユニオン)、今野晴貴さん(NPO法人POSSE)、湯浅誠さん(NPO法人もやい)の5名。

 昨年、業務請負会社・日研総業の派遣社員を中心に結成した「ガテン系連帯」。その共同代表である池田一慶さんは、自身も派遣社員として寮に住み込みながら働いている。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「不登校の要因はいじめ」子どもと教員、認識差に6倍の開き

624号 2024/4/15

東京都で2万円、富山県で1万5千円 全国の自治体で広がるフリースクール利用料の補助のいま

622号 2024/3/15

「不登校のきっかけは先生」、「不登校で家庭の支出が増大」約2800名へのアンケートで見えてきた当事者の新たなニーズ

619号 2024/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

626号 2024/5/15

旅人「キノ」がさまざまな国を巡る『キノの旅 the Beautiful Wor…

625号 2024/5/1

「つらいときは1日ずつ生きればいい」。実業家としてマネジメントやコンサルタント…

624号 2024/4/15

タレント・インフルエンサーとしてメディアやSNSを通して、多くの若者たちの悩み…