不登校新聞

221号2007.7.1

居場所紹介「学び舎」 東京

2015年03月12日 14:55 by nakajima_
 今回は、東京都町田市にある不登校の子どもたちを支援する居場所「学び舎」を紹介する。「学び舎」は、心や身体にさまざまな障害を持つ子どもたちの活動を支援するとり組みを行なっているNPO法人OHANAプロジェクトの一環である。「学び舎」代表である有賀文章さんに、お話をうかがった。

 「学び舎」代表の有賀さんは、元中学校教師。40年以上、理科の教師として教壇に立ち、その後も東京都の嘱託職員である「心の教室相談員」を務めるなど、不登校の子どもたちの支援に力を注いできた。不登校に対する同僚教師の認識と対応に疑問を感じ続けていたからだ。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...