不登校新聞

221号2007.7.1

ぽえむ『環のように何度でも』

2015年03月12日 15:26 by 匿名


越える、越える、越える。
ただ、越える。
ただただ「越える」ということ。

「お散歩」が「遠足」になる。
「遠足」が「お出かけ」になる。
「お出かけ」が「旅行」になる。
そして「旅行」が「旅」になる。

知らず知らずのうちに、毎日、
数千回空気の上を踏み越えている。
その何気ない動作の積み重ねを経て、
また今日も、また今日も、また今日も。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

指導要録上の出欠の扱い 不登校の歴史vol.539

539号 2020/10/1

ひといき

539号 2020/10/1

森の喫茶店 第539号

539号 2020/10/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

539号 2020/10/1

俳優として活躍する佐藤二朗さん。かつては「暗黒の20代」をすごしていたとい...

538号 2020/9/15

戦後から現代へ、歌い手として生き抜いてきた加藤さんにお話をうかがった。

537号 2020/9/1

「ドアの向こうで息子が死んでいたらどうしよう」と不安に思う日もあったという...