不登校新聞

362号(2013.5.15)

もしも親が… 当事者の葛藤

2013年08月06日 14:43 by kito-shin



~子ども若者編集部企画~「もしも親が…」 当事者の葛藤

 「親だって、いつまでも生きているわけじゃないんだから、将来のこともちゃんと考えて」。何の気なしに、親はそう言うことがある。「もしも親が……」というのは当事者にとって大きな不安や葛藤を呼ぶ。誰もが考えてきた道だ。子ども若者編集部では、このテーマについて議論し、意見交換をくり返してきた。そして、これまで考えてきたことを、どうにか紙面化できないか、と思い、今回、経験者が感じていたことを、そのまま執筆してみることになった。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)

463号 2017/8/1

休んでいるあいだは、ずっと押入れにひきこもって生活していました。押入れの中...

462号 2017/7/15

学校に行かなくなったのは体調を崩したことがきっかけでしたけど、決定打になっ...

461号 2017/7/1

私もなんとか学校へ行ってましたが、人生で一番つらかったのが中学時代です。だ...