不登校新聞

362号(2013.5.15)

もしも親が… 当事者の葛藤

2013年08月06日 14:43 by kito-shin



~子ども若者編集部企画~「もしも親が…」 当事者の葛藤

 「親だって、いつまでも生きているわけじゃないんだから、将来のこともちゃんと考えて」。何の気なしに、親はそう言うことがある。「もしも親が……」というのは当事者にとって大きな不安や葛藤を呼ぶ。誰もが考えてきた道だ。子ども若者編集部では、このテーマについて議論し、意見交換をくり返してきた。そして、これまで考えてきたことを、どうにか紙面化できないか、と思い、今回、経験者が感じていたことを、そのまま執筆してみることになった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

4月から自立すると親に告げたが あてもなくギークハウスを取材

474号 2018/1/15

不登校して毎日バトルだった母が変わったきっかけは

472号 2017/12/15

中3で再登校へ、最初の一歩が緊張したけれど

472号 2017/12/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

474号 2018/1/15

安冨さんは2013年から女性向けの服を着る「女性装」をするようになった。「...

473号 2018/1/1

2017年も、子ども若者に関わるさまざまなニュースが飛び交いました。そこで...

472号 2017/12/15

みんなが学校に行っている時間帯は「楽しいこと」をしてはいけないって思ってい...