不登校新聞

406号 2015/3/15

川崎事件緊急企画 子どもへの面談、学校が求めてきたら

2015年03月13日 16:06 by kito-shin


 川崎市中1殺害事件を受け、全国の学校では、子どもの安全を確認する緊急調査が実施された。不登校の子も場合によっては調査対象となるが、子ども本人は学校関係者と会うことを拒むことが多い。学校からの急な面談の催促、親はどう考えたらいいのだろうか。(編集部)

 ここのところ、不登校の子どもがいる家庭に学校から「安否確認が必要になったので、学校に顔を見せてください」「家庭訪問をしますので、本人に会わせてください」などの連絡があり、どうしたらいいものかと困惑される親の方からの相談が増えました。
 
 これは川崎市で起きた少年殺害事件を受け、文部科学省が「緊急確認調査」を行なったためです。私が校長を務める東京シューレ葛飾中学校にも調査依頼がきました。
 

文科省が学校に求めたのは

 
 ただし、よく読んでみると、「①または②のいずれかに該当する児童生徒がいる場合のみ記入し、FAXで回答ください」とあります。東京シューレ葛飾中学校では①も②もいないと判断し、回答しませんでした。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

子どもを傷つける不登校対応の2大タブーとは

468号 2017/10/15

困った子? 困っている子? 親の見方で変わる子どものその後

466号 2017/9/15

不登校で焦る息子を救った父の一言

464号 2017/8/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

468号 2017/10/15

10月22日に投開票が行なわれる衆議院選挙。各党の不登校政策・いじめ問題へ...

467号 2017/10/1

アメリカ出身の日本文学者・ロバート キャンベルさん。子どもを取り巻く現状や...

466号 2017/9/15

いま20歳になる息子の父です。息子は、小学校の低学年のころは楽しくすごして...