不登校新聞

220号 2007.6.15

ひといき 多田耕史

2015年03月19日 16:02 by nakajima_


 子どもセンター「パオ」がいよいよ始動。シェルターの開設、リーフレットの製作、ニュースレターも3号に近い。「パオグッズ」もできあがった。パオのマークのかわいいバッジ。久屋大通の「ベターフレンズ」というお菓子屋さんでは「パオケーキ」なるものも売り出した。
 オレンジ味やチョコ味などがあって、売り上げの一部はパオに寄付される。7月7日には今年もイベントも企画している。今年は絵本作家の五味太郎さんをお招きしての講演会を予定している。入場は無料ですので、ふるってご参加ください。ちなみにこのパオケーキ、なかなかの味ですゾ。

  (名古屋支局・多田耕史)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

かがり火

524号 2020/2/15

ひといき【編集後記】

524号 2020/2/15

北区との公民連携事業 不登校の歴史vol.524

524号 2020/2/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...