不登校新聞

220号 2007.6.15

第6回 バージニア工大銃乱射事件【下】

2015年03月19日 14:55 by nakajima_

連載「精神現象」


 バージニア工大乱射事件のチョ容疑者は、8歳ごろに一家で韓国から渡米したと報道されている。このあたりの年齢で海外移住した人を、1世と2世の中間という意味で、1・5世と呼ぶらしい。

 このとき、私たちがすぐに思い出すのは、2004年の新宿事件だ。新宿事件とは、13歳の少女が男児を、団地外階段から突き落としたとして補導された事件だ(少女は途中から非行事実の否認に転じた)。少女は、日本で生まれてまもなく、マレーシアに移住した。そこでは、「戦争で日本人に痛い目にあわされた」という理由で、教師から暴行を受けた。転校先でも同級生からいじめを受けた少女は、日本に帰って小学校5年生のクラスに入った。少女は5カ国語を話せたが、微妙なニュアンスを表現することはできなかったという。少女は次第に、カッターナイフを持って教師を追いかける、学校で飼っている小動物を傷つけるといった、行動を呈すようになった。転入からわずか7カ月で少女は学校から放逐され、少女個人には注意欠陥・多動性障害というラベルが貼り付けられた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...