不登校新聞

220号 2007.6.15

保育園から居場所選び

2015年03月19日 15:58 by nakajima_


 「行きたくない」とある朝子どもは言った。2年保育で幼稚園に入って1年目の冬のことだった。子どもが幼稚園に行かなくなるということに対して、私に心の用意はあった。しかし、この一言だけで子どもの真意はわからない。いやがる子どもを手を引っ張って連れていくということはしないと決めていた。

 子どもの気持ちをたしかめるように、「お弁当が食べれるよ」「○○くんが待ってるよ」「今日は本を借りる日だよ」、と子どもが喜ぶことをわかっている言葉を並べた。「じゃあ、行く」と言って子どもは出かけた。こんな日が10日ほども続いて、毎朝の問答に私が疲れを感じ始めたころ、何を言っても「行く」と子どもが言わない日が来た。「今日は行かなくていいから」とようやく私は言った。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者の声「手紙って」

192号(2006.4.15)

読者の声「頭が痛い父親問題」

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

524号 2020/2/15

「なんもできませんが僕を貸し出します」というツイートが、瞬く間にネット上で...

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...