不登校新聞

220号 2007.6.15

心病む人たちの居場所 クッキングハウス

2015年03月19日 16:01 by nakajima_


 心の病を抱えた人たちの社会参加を支援するレストランが東京・調布市にある。その名も「クッキングハウス」。現在、調布市内に3カ所あり、精神科に通院する80名の老若男女がランチを提供したり、お弁当を配達したりと、地域に密着したかたちで、当事者からの新しい福祉文化の発信を続けている。今回は、クッキングハウスの代表である松浦幸子さんのインタビューを交え、1987年からスタートし、今年で20周年を迎えた同団体の活動を紹介する。

 松浦さんが精神病患者の社会参加を支援する活動を始めたのは、ご子息の不登校がきっかけだった。

 「息子が中学校に入ってすぐ、不登校になりました。私自身、学校の成績が非常に気になるふつうの親でしたから、『学校に行かなかったら大変だ』と毎日、右往左往する一方、自分の話を聞いてもらえないと感じた息子は、昼夜逆転になり、食べ物もあまり食べなくなるなど、急速に『生きる元気』を失っていきました。そのころ、田舎の母からの手紙で、本当にゆとりがなかったのは自分だと気づかされました。その瞬間、心の曇りが晴れ、息子の不登校から1年経って『無理して行かなくていいよ』と、心から言えるようになりました」。

 弱い側の味方

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

NPO紹介 平塚らいてうの会

219号 2007.6.1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

518号 2019/11/15

学校へ行くのが苦しくなり始めたのは小学校6年生ごろです。自分でも理由はよく...

517号 2019/11/1

不登校経験者の子ども若者からも人気を集める絵本作家のヨシタケシンスケさん。...

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...