不登校新聞

219号 2007.6.1

ひといき 小熊広宣・石井志昂

2015年03月26日 13:01 by nakajima_


  昨年夏、私は初めて北海道を訪れた。心地よく車を走らせていると、沿道で一匹のキツネを見かけた。たまたま一人だったので車をとめ、しばらくキツネのようすを眺めていた。

 キツネはこちらを全力で無視しながら、草むらで何かをしていた。すると私のうざったい視線に気づいたのか、こちらにふり向き、鼻をフンフン鳴らした瞬間、サッと立ち去ってしまった。梅雨や台風の心配もなく、自然は雄大で食べ物もおいしい北海道にひそかに惚れてしまった寒がりの私は、「夏だけ北海道に住みたい」という大志を抱き、今日も「ロト6」という宝くじを買う。いまのところ、全戦全敗である。  (東京編集局・小熊広宣)
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

馳議員の国会質問 不登校の歴史vol.533

533号 2020/7/1

かがり火

533号 2020/7/1

ひといき

533号 2020/7/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...

532号 2020/6/15

東京大学の大学院在籍中から6年半ひきこもった石井英資さんへのインタビューで...

531号 2020/6/1

「子どもに休みグセがついてしまい、学校生活に戻れるか心配」、そんな声に対し...