不登校新聞

219号 2007.6.1

厚労省 中学生「うつ症状」4人に1人?

2015年03月26日 14:06 by 匿名
 厚労省の研究班(主任研究者・保坂隆東海大学医学部教授)が、中学生566名に対し、アンケート調査を行なったところ、4人に1日が「抑うつ病圏」と予測される結果が出たことを発表した。

 調査は06年8月、公立中学校1校の1年生から3年生566名を対象に「DSRS―C(子ども用抑うつ自己評価尺度)」を使用して実施。調査はアンケート形式で行なわれ、「逃げ出したいような気がする」「生きていても仕方ないと思う」など18項目への回答を「いつもそうだ」「ときどきそうだ」「そんなことはない」の三択から選ぶ。その結果、男子は20・7%、女子は28・7%、全体では24・6%が「抑うつ病圏」と予測される結果となった。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ゲーム規制条例」の廃止を求めた声明を県議会が全面否定

532号 2020/6/15

「コロナが不安」校長判断で欠席扱いせず

532号 2020/6/15

現役ひきこもり940名に調査、浮かび上がる生きづらさ

528号 2020/4/15

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

535号 2020/8/1

「不登校」とひとくちに言っても、その理由や負った傷のかたちは人それぞれ。ど...

534号 2020/7/15

「子どもがゲームばかりで困る」という相談は多いです。児童精神科医の関先生に...

533号 2020/7/1

新型コロナウイルスの影響により休校していた学校も再開されつつある。今後、ど...