不登校新聞

219号 2007.6.1

第1回 大切なのは家族の理解

2015年03月26日 14:12 by nakajima_


連載「家庭内暴力」


 2006年4月、愛知県のひきこもり更生支援施設「アイ・メンタルスクール」で入寮中の男性が死亡した。この男性が入寮させられたきっかけは「家庭内暴力」であった。10代も半ばを過ぎた子が暴れると、家具が壊れたり、家族だけでは抑えきれなかったりする場合もある。そうなると強い不安を感じる。この家庭内暴力をどう考えればいいのだろうか。今号から、実際に家庭内暴力が起きた家庭の方に執筆してもらう、リレー連載を始める。

 親の会に参加していると、子どもの家庭内暴力の話を聞くことがある。悩んでいるご家族の話を聞いていると、わが家もそんなことがあったなあと思い出す。今は医療に関わっている人が多いと感じる。自戒の意味を込めてわが家の息子と関わった3人の医師の話をしてみたい。

 現在24歳の長男は中学3年のとき、不登校となった。日々元気がなくなり、体の調子が悪いと昼間に寝込むことが多くなった。学校の物に触ると、じん麻疹がでるようになった。息子の症状は精神的なものかもしれないと感じた私は、神経科のI医師のところへ相談に行った。私が相談して楽になった気がしたので、息子にも勧めて連れて行った。I医師のカウンセリングを受けたとたん、息子はひどく機嫌が悪くなった。帰りの車中でもいらいらしていて、こわいような雰囲気だった。いっしょにいるのがためらわれるような気配を感じ、私は息子を一人居間に残し、庭で草取りを始めた。しばらくすると、大きな物音がして、あわてて家の中に入ると、息子が椅子の足でテレビやパソコンを殴っていた。窓ガラスもメチャクチャだった。何もかも嫌になって、こうするしかないという感じだった。それほど嫌だったのだとようやく私は気づいた。

 1週間後、息子はもう一度、I医師と話がしたいと言い張った。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「もう後ろはふり返らない」3人兄弟そろって不登校【母親手記】

191号(2006.4.1)

読者の声「手紙って」

192号(2006.4.15)

読者の声「頭が痛い父親問題」

192号(2006.4.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...

520号 2019/12/15

不登校経験はないものの、小学校から高校まで、ずっと学校生活に苦しんできたと...