不登校新聞

219号 2007.6.1

第5回 バージニア工大銃乱射事件【上】

2015年03月26日 14:15 by 匿名
2015年03月26日 14:15 by 匿名


連載「精神現象」


 2007年4月16日、バージニア工科大学で銃乱射事件が起こり、32人が死亡した。その場で自殺した容疑者は、韓国人で同大4年のチョ・スンフィと特定されている。

 バージニア工大事件、1999年のコロンバイン高校銃乱射事件を重ねる見方がある。チョ容疑者がテレビ局へ送りつけた文書に、コロンバイン高校事件の容疑者とされる、2人の名前が記されていたからだ。チョ容疑者は、コロンバイン高校事件のどこに、共鳴したのだろうか。

 チョ容疑者は、中学から高校時代にかけて、いじめの被害にあっていたと報道されている。彼の内気な性格や分かりづらい英語の発音が、同級生たちから嘲笑の対象になっていたのだという。コロンバイン高校事件の容疑者も、体育会系の生徒たちから、さげすまれていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

第18回 寝屋川教師刺殺事件【下】

232号(2007.12.15)

最終回 家庭内暴力とは何か【下】

232号(2007.12.15)

第232回 不登校と医療

232号(2007.12.15)

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

583号 2022/8/1

「不登校は心のケガ」と話す不登校専門カウンセラー・阿部伸一さん。心のケガを癒し…

582号 2022/7/15

小学校1年生から中学3年生まで不登校だった中村隼人さん(21歳)。高圧的な態度…

581号 2022/7/1

今回お話をうかがったのは、小4で不登校をした立花由紀さん(仮名・30代)。小学…