不登校新聞

219号 2007.6.1

読者の眼「会津若松母親切断事件に思う」

2015年03月26日 14:19 by nakajima_
 5月15日、福島県会津若松市において高校3年生が、母親を失血死させ首と手を切るという事件が起きた。地元において不登校支援を行なっている身としては、非常に痛ましい事件となった。

 首を切り落とし警察に自首するという本人の行動は、「猟奇的」と理解され、本人をアスペルガー症候群と判断する勝手な専門家の意見が一人歩きをしている。私は、この事件を考えるうえで、本人がどのような葛藤や苦しさのなかで事件にいたったのかを考えないわけにはいかない。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

不登校調査50年、日本社会は 不登校の歴史vol.523

523号 2020/2/1

かがり火

523号 2020/2/1

ひといき【編集後記】

523号 2020/2/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

523号 2020/2/1

本紙「子ども若者編集部」は2019年12月15日、イベント「不登校経験者が...

522号 2020/1/15

ふつうの学生生活を送りたいと言われて親は何をすればいいのでしょうか。函館圏...

521号 2020/1/1

テレビや音楽活動で活躍するりゅうちぇるさん。学校で苦しんできた自身の経験を...