不登校新聞

219号 2007.6.1

声「親の会が1周年」

2015年03月26日 14:25 by nakajima_


 6月で私たちの『Tea Time』(親の会)発足1周年を迎えます。

 最初は私のなかの壁もあり、いろいろ立ち止まることも多かったのですが、なんとか続けられることができました。いろんな人との出会い、喜び……、そのときには気がつかなかったことを、あとで気づいて反省……ふり返ってみると、いま、息を深く吸い込んでいる私がいます。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

「ひきこもることを恐れなくていい」20年以上ひきこもりと向き合って

511号 2019/8/1

「モヤモヤする気持ちが軽くなった」不登校の親の会は私の気持ちが落ち着く場

507号 2019/6/1

「カウンセリング辞めました」親子で違和感を抱えた半年間

507号 2019/6/1

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

516号 2019/10/15

NGO「ピースボート」のスタッフで、不登校経験者でもある堀口恵さん。「中学...

515号 2019/10/1

不登校の子とともに25年間、歩んでこられた「フリースペース コスモ」の佐藤...

514号 2019/9/15

不登校の子どもの多くは、学校へ行かない自分を責め、そのつらい気持ちと毎日向...